Vivace con Brio

ドラッカーのマネジメントを学ぶVivaceのBlog
CALENDAR
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
Vivaceのブクログ
Followme
vivace2001をフォローしましょう
analyze
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
無料ブログ作成サービス JUGEM
2018年3月第2週の言葉のサプリ

Vivace ConsultingのWebsiteにある言葉のサプリのバックナンバーです。
3月第2週(3月4日〜3月10日)の言葉のサプリ(ナンバー3162〜3168)

 

#3162

 地位はますます高くなれば、いよいよ謙虚にならなければならない。

            −マルクス・トゥルリウス・キケロ−

 

#3163

  人の一生は短いが、事業は尽きることのない永遠のものである。しかして事業を永遠のものとするためには、日に新たに、絶えず己を更新してゆかねばならないし、日に新たでなければ、楽しみもなければ希望もない。

            −井村荒喜−

 

#3164

  哲学者の全生涯は、正に死に至ることと、その死を成就することとにほかならず。

            −プラトン−

 

#3165

  君たちが今の立場を恵まれた環境だなと思い込んでいたら、それはとんでもない錯覚だ。有り体に言えば、恵まれた環境ではなくて甘やかされた環境なのだ。そういうところからは経営の厳しさは生まれてこない。第一、親爺が遺した仕事にしがみついて、二代も三代もその仕事から利益を絞りとろうという考え方自体間違っている。

            −鮎川義介−

 

#3166

 人間の良心のみが唯一、あらゆる難攻不落の要塞より安全なよりどころだ。

            −エピクテトス−

 

#3167

  企業体の中にあって、何をやめるべきかが非常に大切なことである。新しい、よい分野に展開する秘訣は必ず捨てなければならないものを捨てることだ。資本に限度があり、スペースに限度があり、特に能力のある人に限度があることを知らなければならない。

            −井深大−

 

#3168

  死を願望するものは惨めであるが、死を怖れるものはもっと惨めである。

            −ハインリヒ4世−

| 言葉のサプリ | 08:08 | comments(0) | - | pookmark |↑PAGE TOP
2018年2月第5週、3月第1週の言葉のサプリ

Vivace ConsultingのWebsiteにある言葉のサプリのバックナンバーです。
2月第5週、3月第1週(2月25日〜3月3日)の言葉のサプリ(ナンバー3155〜3161)

 

#3155

 社員に正月と盆に休みをとらせることは経営者の責任だ。

            −飯島藤十郎−

 

#3156

  智者だけでなく愚者にもたずねよ。

            −プタハヘテプ−

 

#3157

  経営に生命をかけるということは、事業の継続にあくなき執念をもつということである。商売、経営は、経営者が希望を失わなければそう簡単に破綻するものではない。努力すれば必ず活路を見出せる。

            −大塚正士−

 

#3158

  快楽に抵抗する人は賢者。快楽の奴隷になるのは愚者。

            −エピクテトス−

 

#3159

  嵐は人々に災害をもたらすばかりとは限りません。時としては、その凄まじい猛威が逆に人々を目覚めさせ、暗い貧困の歴史から脱却する決意を促すこともある。

            −岡野喜太郎−

 

#3160

  私は人民に選ばれた指導者よりも、指導者を選んだ人民の方に千倍もの信頼を置いている。

            −シモン・ボリバル−

 

#3161

 実際に世のためになるものなら、事業的にも必ず成立する。世のためにならぬものなら成立するはずがない。これは道義と経済の一致を物語る。

            −岩波茂雄−

| 言葉のサプリ | 08:08 | comments(0) | - | pookmark |↑PAGE TOP
2018年2月第4週の言葉のサプリ

Vivace ConsultingのWebsiteにある言葉のサプリのバックナンバーです。
2月第4週(2月18日〜2月24日)の言葉のサプリ(ナンバー3148〜3154)

 

#3148

 万事に先立ち、汝自身を尊敬せよ。

            −ピタゴラス−

 

#3149

  銀行の甲乙は平常の時にはなかなかつきにくいが、非常の場合にはっきりその差が分かるものである。

            −岡野喜太郎−

 

#3150

  アテナイの住民は富を追求する。しかしそれは可能性を保持するためであって、愚かしくも虚栄に酔いしれる為ではない。

            −ペリクレス−

 

#3151

  戦災でも焼けなかった資本がある。それはグリコという看板である。過去30年間営々として築き上げてきたわれわれ最大の資本である。

            −江崎利一−

 

#3152

  現在はその一部が将来、他が過去である。

            −クリュシッポス−

 

#3153

  自分の苦労してつくったタネ銭もなく、親の財産や他人の財産をアテにしているような人間に、ロクな人間はいない。また、そうした人間の事業がうまく行こうはずもない。自分の腕を磨くにはともかく、このタネ銭を持たなくてはできないものだ。

            −大谷米太郎−

 

#3154

 老齢は明らかに迅速なり。ともかく我々に必要以上に迅速に切迫する。

            −プラトン−

| 言葉のサプリ | 08:08 | comments(0) | - | pookmark |↑PAGE TOP
2018年2月第3週の言葉のサプリ

Vivace ConsultingのWebsiteにある言葉のサプリのバックナンバーです。
2月第3週(2月11日〜2月17日)の言葉のサプリ(ナンバー3141〜3147)

 

#3141

 カニのように横にはってでも前進せよ。

            −江崎利一−

 

#3142

 感謝の心は最大の美徳のみならず、あらゆるほかの美徳の両親なり。

            −マルクス・トゥルリウス・キケロ−

 

#3143

  役員全員が賛成する商品は売れないことが多い。それは判断力の問題である。

            −大塚正士−

 

#3144

  栄光とは命令することではなく、偉大な善徳を実践することである。

            −シモン・ボリバル−

 

#3145

  苦しみながらタネ銭をためていくと、そこにいろんな知恵、知識が生まれてくる。

            −大谷米太郎−

 

#3146

  賢者の言葉を探すのはエメラルドを探すより難しい。しかし、目立たない粉ひき職人のところにあったりするものだ。

            −プタハヘテプ−

 

#3147

 我が社の資本は金でなく、人間だ。金は資本の一部だ。一番大切なのは人。人が第一であって、人が事業を作り、事業が金を作る。金は人についてくる。

            −出光佐三−

| 言葉のサプリ | 08:08 | comments(0) | - | pookmark |↑PAGE TOP
2018年2月第2週の言葉のサプリ

Vivace ConsultingのWebsiteにある言葉のサプリのバックナンバーです。
2月第2週(2月4日〜2月10日)の言葉のサプリ(ナンバー3138〜3140)

 

#3138

 時は未来永劫の幻影なり。

            −プラトン−

 

#3139

 書物が文化財であるからには、その取引も公正明大にすべきである。

            −岩波茂雄−

 

#3140

  先ず、自分に問え、次に、自分で行え。

            −エピクテトス−

| 言葉のサプリ | 08:08 | comments(0) | - | pookmark |↑PAGE TOP
2018年1月第5週、2月第1週の言葉のサプリ

Vivace ConsultingのWebsiteにある言葉のサプリのバックナンバーです。
1月第5週、2月第1週(1月28日〜2月3日)の言葉のサプリ(ナンバー3132〜3137)

 

#3132

 吟味を経ない生は生きるな。

            −ソクラテス−

 

#3133

  諦めない。この熱い炎のような情熱が身体のどこを押しても湧いてこなくなったらその時こそレースから身を引く。

            −吉村秀雄−

 

#3134

  賢者のみが自由人にして、卑劣なる人間は奴隷なり。

            −ディオゲネス−

 

#3135

 私は事業の成果をみるのに必要な時間として30年ということを考えてきた。それを3等分し、10年ごとに整備と軌道修正を行ってきた。

 

            −吉田忠雄−

 

#3136

  偉大なる愛と偉大なる成功には、大いなる危険が伴うことを忘れないように。

            −ダライ・ラマ14世−

 

#3137

  古来事業をなすには、天の時、人の和と言い伝えられているが、これを貫くに至誠をもってしなくては、事業の成功を期することはできない。

            −鮎川義介−

| 言葉のサプリ | 08:08 | comments(0) | - | pookmark |↑PAGE TOP
2018年1月第4週の言葉のサプリ

Vivace ConsultingのWebsiteにある言葉のサプリのバックナンバーです。
1月第4週(1月21日〜1月27日)の言葉のサプリ(ナンバー3125〜3131)

 

#3125

 私は自分が持っているあらゆる情熱と心からの誠心誠意をもって最善を尽くす。それが、成功するかどうかは天命を待つだけである。もし失敗があったら、それは私の力が足りなかったからである。だから精一杯のことはやるつもりである。

            −安川第五郎−

 

#3126

  10個の天体は、円形の軌道を移動しつつ、甘美な音楽、諸々の球体の調和を発散する。

            −ピタゴラス−

 

#3127

  私に取り柄があるとすれば、ただエンジンが好きで好きでたまらずそれに没頭できたことだ。

            −山岡孫吉−

 

#3128

  干渉好きの老人ほど見苦しいものはない。

            −エピクロス−

 

#3129

  人間の真価は、困難な時に分かるものである。また困難の時は、来るべき運命を拓く種を蒔く時でもある。だから困難のときは神の恵みと思い、神に試練を与えられたと覚悟してよいのだと思う。

            −山下太郎−

 

#3130

  嫉妬せざる者には恋愛はしえず。

            −アウグスティヌス−

 

#3131

 心許すときはしっかりその人を観なはれ。時代を先取りして、誰の意見でも有り難く聴くことです。

            −吉本せい−

| 言葉のサプリ | 08:08 | comments(0) | - | pookmark |↑PAGE TOP
2018年1月第3週の言葉のサプリ

Vivace ConsultingのWebsiteにある言葉のサプリのバックナンバーです。
1月第3週(1月14日〜1月20日)の言葉のサプリ(ナンバー3118〜3124)

 

#3118

 個人の真善美は普遍的な真善美に結びつかなければ、そこから乱れが始まる。

            −ソクラテス−

 

#3119

  人生というものは、運、不運に左右されることも大きかろうが、それでも誠実さと感謝の心を失わないで努力しておれば、よき協力者を得て道も開け、人から感謝もされて、美しい世界が自ずから展開してくる。

            −山岡孫吉−

 

#3120

  私たちの苦しみの多くは、私たちが考えすぎることに由来します。

            −ダライ・ラマ14世−

 

#3121

  工場は真剣勝負の場だ。マシンに惚れぬき自分を無にしろ。五感の全てがなすべきことを教えてくれる。

            −吉村秀雄−

 

#3122

  死は我々にとって何ものでもない。なぜなら我々が存在する時には、死はまだ訪れていないのであり、死が訪れた時には我々は存在しないのだから。

            −エピクロス−

 

#3123

  口下手で結構、誠意は必ず通ずる。

            −山内健二−

 

#3124

 常に死ぬ覚悟でいる者のみが真に自由な人間である。

            −ディオゲネス−

| 言葉のサプリ | 08:08 | comments(0) | - | pookmark |↑PAGE TOP
2018年1月第2週の言葉のサプリ

Vivace ConsultingのWebsiteにある言葉のサプリのバックナンバーです。
1月第2週(1月7日〜1月13日)の言葉のサプリ(ナンバー3111〜3117)

 

#3111

 夢とか目標に生きる男は自然と、仕事をしながらそこに行く。

            −山科直治−

 

#3112

 教育は青年にとっては気品、老人にとっては慰め、貧者にとっては富、金持ちにとっては飾りである。

            −ディオゲネス−

 

#3113

  失敗は何にでもつきもんです。恐れてては何もできまへん。

            −吉本せい−

 

#3114

  一輪でも花は美しい。しかし、花束はもっと美しいでしょう。

            −ダライ・ラマ14世−

 

#3115

  創意工夫は新兵器である。

            −山内健二−

 

#3116

  己の寝台を己のための寺院とせねばならず。

            −ピタゴラス−

 

#3117

 私は需要というものは開拓し、開発していくものだと考えている。次から次へと新商品を開発していけば需要は無限にある。また、常に新しい商品を開発していけば競争など起こりようがない。

            −吉田忠雄−

| 言葉のサプリ | 08:08 | comments(0) | - | pookmark |↑PAGE TOP
2018年1月第1週の言葉のサプリ

Vivace ConsultingのWebsiteにある言葉のサプリのバックナンバーです。
1月第1週(12月31日〜1月6日)の言葉のサプリ(ナンバー3105〜3110)

 

#3105

 幸福な余暇、感謝の心から。

            −山岡孫吉−

 

#3106

 習慣は第二の天性なり

            −アウグスティヌス−

 

#3107

 私は自分の経験から、常に誠実であること、積極的に努力することが一番大切であると信じている。

            −山下太郎−

 

#3108

 自分が出来ることを、神に頼んでも無駄である。

            −エピクロス−

 

#3109

  製品は良くなると同時に、コストも下がるものである。これは事実が証明する。だから良い製品だから高くて当たり前だ、ということにはならない。それは、まだ改良の余地が残っていることを物語っている。

            −安川第五郎−

 

#3110

 私は誰の師にもなったことはなかったが、一方で、誰の問にも答えなかったことはなかった。

            −ソクラテス−

| 言葉のサプリ | 08:08 | comments(0) | - | pookmark |↑PAGE TOP