Vivace con Brio

ドラッカーのマネジメントを学ぶVivaceのBlog
CALENDAR
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
Vivaceのブクログ
Followme
vivace2001をフォローしましょう
analyze
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
無料ブログ作成サービス JUGEM
<< 2012年9月第2週の言葉のサプリ | main | 2012年9月第3週の言葉のサプリ >>
落合博満のマネジメント能力がスゴイ
先日、知人からこんなYouTubeのサイトを教えてもらいました。
昨シーズン限りで中日の監督を退任した落合博満さんと、彼の退任とともにお辞めになった森繁和前ヘッドコーチが出演しているテレビ番組です。
(1〜4まであるのですが、特に見て頂きたいのは3と4です。)
(3)
http://www.youtube.com/watch?v=j7lFqRtlX0U&feature=relmfu

この中で落合さんがいくつか興味深いことを言っておられます。

一つ目は、「俺は好き嫌いで人判断したことはないよ。だって、仕事してるんだから、仕事ができるかできないか、それだけなんだよ」
2つ目は、「自分で見つけてきたコーチたちに、最初に言ったのは、12球団からオファーが来るコーチになれ、ってこと。それを、いや、私は中日で精一杯やりますから、なんて言ったコーチは全員排除した」
3つ目は「ピッチャーのこととコンディショニングのことは全く知らない分野だから、その分野のスペシャリストとして呼んだコーチに一切口出ししなかった。だって、俺は分かんないんだもん」

ということです。
仕事をする上での人間関係を取り上げている書籍はいろいろありますが、スムーズな人間関係を上手に構築しましょう、というようなものを結構見かけます。
落合さんが言うように、仕事ができるかどうか、それだけで十分だと言い切るのは勇気が要りますが、ドラッカーさんも経営者の条件の中で、同様のことを言っています。

「貢献に焦点を合わせずして良い人間関係など構築できない」
チームが優勝する、それを実現できるような選手を育成する、配置をする、それぞれの担当分野でそれに必要なことを仕事としてしっかりとやることを、落合さんは求めていることが分かります。
上司である自分は部下のあなたにどんな貢献の責任をもたせるべきか、をしっかりと問うています。
各コーチがそれぞれの分野でしっかり貢献する、その際に必要なメンバーが必要な時にしっかりと連携し、コーチ陣のチームワークが出来上がっていたのでしょう。

また、次のリンクの部分ではこんなことも言っています。

(4)
http://www.youtube.com/watch?v=Axw5kTuSkM4&feature=relmfu

「監督になった時から、常に2年後3年後のことを考えて、来年どんな選手を取るべきか、どの選手はどのように処遇すべきか、それによってチームをどんな形にすべきかというシナリオをきちんと考えて、それに必要な手立ては常に打ってきた。契約が切れることになった時に、もう先のことを考えなくて済むから楽になった、というのはあるよね。」

目先の勝利を追うことも勿論大事ですが、3年後のチーム構想を思い描き、それを実現するために今やるべきことは何かを考えて実際に行動していたというわけです。
例えば、ブランコいう外国人選手はいつでも他球団にトレードできるよう、手を打っていたなどの話が出てきます。
荒木と井端の二遊間コンビのポジションを入れ替えるという前代未聞のコンバートの時もそれぞれの選手がその時に持っていた問題を解決し、更に成長することを前提としたものだったことを明かしています。
こういう状況になったら、元に戻すつもりだったと言っておられました。
これはまさにマネジメントそのものです。

私達が普段目にしないところで、このようなことが日常として行われていたからこそ、中日ドラゴンズは昨年までの8年間で4回のリーグ優勝と1回の日本一に輝くという素晴らしい結果を残せたのだということがよく分かります。

FAでヤクルトから中日に移籍し、3年契約の2年目が終わるまで1度も一軍のマウンドに立てなかった川崎憲次郎投手に、3年目の開幕投手で使うから、と告げたそうです。
苦しい2年間を送ってきたことも知った上で、次にマウンドに立った時に結果を出せなかったら多分その時点でクビになるだろうから、それなら、開幕戦が川崎の正念場だよ、そこから逆算してやるべきことを徹底してやり、開幕戦を迎えられるように準備しろ、と言ったのだそうです。
これは落合さん、森さん、川崎投手の3人しか知らない、超極秘事項だったそうです。
(この話をする場面には、これを漏らしてしまいそうな人間は一切呼んでいなかったそうですが)
結果、川崎投手は勝ち星を上げます。(訂正:この試合は中日が勝利していますが、川崎投手には勝ち負けがつきませんでした。)その年で引退しましたが、きちんと結果を残して現役を退くことができました。
こういうことを見ている選手たちは、気に入らないこともあるのでしょうが、結局は落合さんを信頼し、ついていくことになるのです。
(シーズン終了時で契約を更新しないという会見をシーズン中に行ったことに対して、烈火のごとく怒った選手が何人もいたようです。)

他の部分のリンクは下記のとおりです。
(1)
http://www.youtube.com/watch?v=fPnJCvGwV-Q&feature=relmfu
(2)
http://www.youtube.com/watch?v=LMcNJtphpvw&feature=relmfu
| ドラッカー | 08:08 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |↑PAGE TOP
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.vivaceconsulting.com/trackback/1221633
トラックバック