Vivace con Brio

ドラッカーのマネジメントを学ぶVivaceのBlog
CALENDAR
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
Vivaceのブクログ
Followme
vivace2001をフォローしましょう
analyze
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
無料ブログ作成サービス JUGEM
<< 成果を出すこと | main | 指揮者と企業のリーダー・・・似てるけど根本的な差がある >>
脱原発・・・気持ちは分かるけど、現実は甘くないのでは
福島原発の事故以来、脱原発を叫ぶ人が増えています。
先日も、それを掲げて、数万人規模のデモが行われたそうです。

政治家がやっていることで、おかしい、と思うことに対してこのような意思表明をするということはこれまであまりなかったことです。
それはとても良いことだと思います。

しかしながら、

脱原発と言っていればそれでいいのか?

という疑問も残ります。
電力が十分に供給されなければ経済活動に支障が出ます。
経済活動が停滞すれば税収にも影響が出ます。
雇用にも影響が出ます。
結果として消費にも影響が出ます。

原発じゃなくても火力でまかなえばいいじゃないか、という意見もあるでしょう。
既存の火力発電所をフル稼働させて必要電力量はまかなえるのでしょうか?
燃料費などの直接的なコストが増加し、結局電気料金の値上げをしなければならないかもしれません。
二酸化炭素の排出量が増え、温暖化を助長することになる可能性が高くなります。
既存の発電所だけで足りなければ、新たに作ることになりますが、半年やそこらでできるものではありません。
どこに作るのかという問題もあります。
稼働するまでの間はどうするのか、という問題もあります。

原発を誘致した自治体は原発(電力会社)が支払う税金や保証金で財政をまかなっているケースが大半です。
原発関連で仕事をしている人も少なくありません。
これらの資金や雇用もなくなるわけですが、それをどうするのか、という問題も出てきます。

放射性廃棄物の処分はどうするのでしょう。
今でも相当量のものが貯蔵されていて、処分方法は固まっていませんし、50数基の原子炉を廃炉にすれば更に膨大な量の廃棄物が出ます。
この処分はどうするのでしょう。

さらさらっと書き出すだけでもこの程度の問題が出てくるわけです。

それを、

脱原発

と叫ぶだけで済ませようというのは無責任すぎるように感じます。
原発への依存度を下げ、最終的に脱原発を実現するためにはある程度のロードマップが必要でしょう。
その路線に乗るためには脱原発、ということを意思決定する必要はあるでしょうが、基本方針としての意思決定以上の意味を持ちません。
できもしないのに、できる方策もないのに、脱原発と叫ぶような政治家は無責任極まりないです。
そんなことを政治家に迫るようなデモであっては、デモをする意味がなくなります。

政治家に対して、国民が声を上げることはとても大事です。
でも、その方法や内容について、もっともっとしっかりと考え、有効な手段を選ぶべきだと思うのです。
| ビジネス全般 | 08:08 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |↑PAGE TOP
コメント
おっしゃる通り。菅政権みたいに脱原発という言葉は発しなかったものの、野田首相の国連初演説の内容も微妙かな。日本政府のアピールは相変わらず弱い。世界から国民に向けての発言ができないリーダーばかりという印象。
| AGRST | 2011/09/23 7:41 AM |
ここに来て感じるのは、今回の民主党代表選に立候補した人達って、自分が総理になったらどんな政策をどのように展開するのか、そのために考えておくべき事、勉強しておくべき事、知っておくべき事などについて、ひょっとしたらなんにも準備してこなかったんじゃないか、ということです。
原発の問題はもう6ヶ月も前に顕在化していて、どうすべきかを考える時間も6ヶ月あったわけですが、その間、何も考えず、何も勉強せずだったのではないかと思ってしまいます。
これを前提に置けば、国民に対してまともなメッセージを発信するなど、できるはずがないな、ということになりますね。
| Vivace | 2011/09/24 7:05 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.vivaceconsulting.com/trackback/1221554
トラックバック