Vivace con Brio

ドラッカーのマネジメントを学ぶVivaceのBlog
CALENDAR
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
Vivaceのブクログ
Followme
vivace2001をフォローしましょう
analyze
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
無料ブログ作成サービス JUGEM
<< 人間のタイプをどう捉えるか? | main | 5月第5週、6月第1週の言葉のサプリ >>
敢えて悪役を演じる部下育成
部下を叱れない上司が増えているそうです。
私もその仲間だという自覚があります。

ある番組では部下の叱り方を教える研修プログラムが紹介されていました。

4Kmの速歩をして、グループから遅れを取った参加者にインストラクターが質問します。

今があなたの精いっぱいの状態ですか?

と。
受講者は、

出来る限り頑張りましたけれど・・・

と答えます。
すると、間髪を入れず、

「その考え方が甘いんだよ!!」

と叫んでいます。

これは「ワンフレーズで叱る」という手法なんだそうです。

でも、私には、叱っているというよりも、感情をむき出しにしているというようにしか見えませんでした。
実際、笑ったり、怒ったり、という感情を表す練習までしていましたから。。。
このプログラムでは、

部下を叱る=叱ろうという感情をあらわにする

というように定義されているように見えました。
さて、この定義、適切なんでしょうか?

次に出てきたのは、サイボウズという会社の青野社長のリーダーシップです。
順調に業績を伸ばしている企業のトップです。
その社長が、会議でかなり手厳しくリーダーを叱責していました。
青野社長へのインタビューでは、

敢えて、悪役を演じているのです。

と言い切っておられました。
また、私が叱るのはリーダーで、スタッフを叱るわけではありません。そうすると、リーダーはスタッフの前で叱られないよう、反発心を持って頑張るはずだし、スタッフは自分のリーダーがそんな風に叱られないよう頑張らないといけない、と考えるはずでしょう。
とも言っておられました。

それはそうなのかもしれません。
厳しい言葉で叱ることを否定するというのは、精神的にひ弱な人間をどんどん作り出しているのと同じだ、と言われるかもしれません。

ですが、人間ですから、感情、特に怒りを伴う感情を他人からむき出しにされるというのは、決して気分の良いものではないと私は思うのです。
確かに、そうされた人間が何くそと思って頑張るというケースもあるとは思いますが、そうではないケースの方が多いのではないでしょうか。

気分が悪い状態になった人間がよいパフォーマンスを出すとは思えないのです。
相手をそんな風にしてしまうような叱り方って、やっぱりどこかおかしいと思うのです。

私がこれまで見てきた経営者の中にも、論理的に叱っているつもりだけど、相手の気分を悪くさせるだけになっている叱り方をしている人がいました。
ワンフレーズで叱るとしても、リーダーを叱責するとしても、相手の気分を害するだけになってしまうのでは叱った意味もなくなってしまうと思います。

仲良しグループを作ることがよい組織作りだとは言いませんが、大きな声を張り上げて感情をぶつけあう組織がいい組織だとも思いません。
悪役でなくても、問題は問題として、感情に関係なくきちんと伝えることができたらいいのではないかと思うのです。
何かを変えてもらわない限り、叱責したくなることが起きるわけですから、変えてもらうための働きかけは必要ですが、それがいつも大声で感情を表すような叱り方をすることでいいのでしょうか?

何かちょっと違う気がします。
| ビジネス全般 | 08:08 | comments(3) | trackbacks(0) | pookmark |↑PAGE TOP
コメント
この番組を観て自分の職場の問題点そのものでしたので共感してしまいました。

実はこの研修について調べているのですが見つかりません。
教えていただきたいのですが、研修を行っている会社、場所、または放送された番組名、放送局をご存知ですか?

お忙しいところすみませんが、宜しくお願いします。
| 中村 | 2010/06/09 12:34 PM |
コメント頂きましてありがとうございました。

お問い合わせの件ですが、テレビ東京系列で放送されている「たけしのニッポンのミカタ」という番組です。
テレビ東京のWebページで概要が書かれていますが、研修会社の情報までは出ていないようです。
テレビ東京へ直接お問い合わせなさってみてはいかがでしょうか?

叱る、というのは難しいことだと思います。
叱る側にそれなりのエネルギーが必要ですし、叱っているポイントがきちんと伝わらなければ、叱った効果が得られません。
感情をぶつけることが叱ることには必ずしもつながらないと私は考えておりまして、あの番組でのトレーニングにはちょっと違和感を感じました。

中村さんの職場がよい方向に進むことを祈念しております。
| Vivace酒井 | 2010/06/09 1:00 PM |
早速のコメントありがとうございます。
紹介された研修の会社がわかりました。

資料請求をしてみます。

時々は寄らせていただきます。
| 中村 | 2010/06/09 1:20 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.vivaceconsulting.com/trackback/1221344
トラックバック