Vivace con Brio

ドラッカーのマネジメントを学ぶVivaceのBlog
CALENDAR
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
<< February 2020 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
Vivaceのブクログ
Followme
vivace2001をフォローしましょう
analyze
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
無料ブログ作成サービス JUGEM
<< 5月第4週の言葉のサプリ | main | 敢えて悪役を演じる部下育成 >>
人間のタイプをどう捉えるか?
 仕事の関係で出会った、今年、ある医学部の教授を定年で退官なさったドクターがこんなことを仰いました。

人間ってね、3つのタイプに分類できるんですよ。

一日が終わった時に、

今日はうまくできなかったなあ。明日こそ頑張ろう。
というタイプ

今日はうまくできなかったなあ。でもこれはこれで上出来だったなあ。
というタイプ。

今日はうまくできなかったなあ。酒でも飲んで忘れよう。
というタイプ。

三つ目のタイプは危険なんだよ。
酒におぼれて体を壊しちゃうからね。(あ〜、なるほど)

1つ目のタイプは、自分で自分の尻を叩くタイプだけど、この手の人は自分だけじゃなくて、他人にも同じことを要求するんだね。でも、そうやって他人の尻を叩いてもいうことを聞いてくれるとは限らないし、自分だって満足できる結果を出せるとは限らないから、下手をすれば心の病になってしまうのよ。(あーっ、それ、分かります。)

二つ目のタイプって、一見いい加減なように思ったり、欲求水準が低いように感じるかもしれないけど、そうじゃないんだよ。
物事、ある程度前向きに捉えていかなかったら、ホントのエネルギーにはならないものなんだよね。野球だったら打率3割で給料が上がるぐらいにいい成績と言われるように、上出来の水準なんかいろんなものがあるんだし、自分を責めたところで、うまくいかなかった今日がもう一回再現できて、うまくやれるわけでもないでしょ。

低いレベルで満足してしまうことを容認しているのではなくて、明日に向かう気持ちを作る時に、いつも、明日はもっと頑張ろう、ということしか考えられないと、そのうち頑張っても頑張っても満足する結果が出せなくなってしまうわけなのね。
それなら、いっそのこと、今日は今日で上出来だったと自分を認めてあげる方が気持ちが穏やかに過ごせるの。
だから、一つ目のタイプの考え方は酒を飲んで忘れるという三つ目のタイプとはまた違った危険があるんだな。

Y先生、勉強になりました。ありがとうございます。
私は二つ目のタイプの考え方で行きたいと思います。

で、皆さんはどのタイプが近いですか?

※これはあくまでもY先生の考え方であって、唯一無二の正解というわけではありません。
人間のタイプ分けの仕方という点でも様々なものがありますから、それによっても違う見方や考え方はあると思います。
その点はご理解いただきたいと思います。
| ビジネス全般 | 08:08 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |↑PAGE TOP
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック