Vivace con Brio

ドラッカーのマネジメントを学ぶVivaceのBlog
CALENDAR
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
Followme
vivace2001をフォローしましょう
analyze
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
無料ブログ作成サービス JUGEM
2020年9月第3週の言葉のサプリ

Vivace ConsultingのWebsiteにある言葉のサプリのバックナンバーです。

9月第3週(9月13日〜9月19日)の言葉のサプリ(ナンバー4055〜4061)

 

#4055

 文明と戦争とは結局両立しえないものである。文明が速やかに戦争を全滅しなければ、戦争がまず文明を全滅することになるであろう。

            −幣原喜重郎−

 

#4056

 人民が自覚し、その命を捧げる覚悟があるとき、攻めてくる敵がいかに数の上で勝っていようとも、人民は必ず勝つものだ。

            −ガマール・アブドゥル=ナセル−

 

#4057

 僕の政治家としての使命は、日ソ交渉と憲法改正にある。他の問題は何でも両君の言う通りついていってもいいが、二つの問題だけは僕の意見について来てもらいたい。

            −鳩山一郎−

 

#4058

 無暴力とは、悪を行う人間の意志におとなしく服従することではなく、暴力者の意志に対して全霊を投げうつことである。

            −マハトマ・ガンジー−

 

#4059

 ならばもう一度政治家となって再建の礎を築こう。大木になるまでは無理としても、苗木になるまでの日本を見たい。

            −岸信介−

 

#4060

 覚えておいてもらいたいのは、知恵や心の強さを獲得できる最大の機会は、だいたいが最大の苦境にあるときだということです。

            −ダライ・ラマ14世−

 

#4061

 内閣改造をするほど総理の権力は下がり、解散をするほど上がる。

            −佐藤栄作−

| 言葉のサプリ | 08:08 | comments(0) | - | pookmark |↑PAGE TOP
2020年9月第2週の言葉のサプリ

Vivace ConsultingのWebsiteにある言葉のサプリのバックナンバーです。

9月第2週(9月6日〜9月12日)の言葉のサプリ(ナンバー4048〜4054)

 

#4048

 インドのみなさん、この自由への戦いをインドの内外で続けていきましょう。大英帝国はいずれ崩壊し、その灰の中からインドは独立国として浮かび上がるのです。

            −チャンドラ・ボース−

 

#4049

 デモに参加している人たちは必ずしも自分の意思で参加しているのではない。あれだけの数が集まるのは、日当をもらって出ている人や、背後に誰かがいてそれに踊らされているからだ。

            −岸信介−

 

#4050

 私の命が我が国のためになるなら、私はそれを厭いません。もし私が今日死ぬとしても、私の血の一滴一滴が我が国を元気づけてくれるでしょう。

            −インディラ・ガンジー−

 

#4051

 民主政治は往々にして皆さんのご機嫌を取る政治になる。国の将来のためやらなければならぬと思っても、多くの人から歓迎されないことだと実行を躊躇する。あるいはしてはならないことをするようになる。こういうことが今日、民主政治が陥りつつある弊害である。

            −石橋湛山−

 

#4052

 歴史を読むのは楽しみだ。だが、それよりもっと心を引き、興味があるのは、歴史を作ることに参加することだ。

            −ジャワハルラール・ネルー−

 

#4053

 民主主義、平和主義を生かしてくれる青い鳥を探しに、慣れない空の旅を強行している。青い鳥は何処かにいるに違いない。

            −片山哲−

 

#4054

 世界におけるアジアの将来や、西洋とアジアとの文明対比を語るには、アジアにはヨーロッパよりも長い歴史、ないしは長い文明があるということを、まず最初に頭に入れておくことが大切だと思う。

            −マハティール−

| 言葉のサプリ | 08:08 | comments(0) | - | pookmark |↑PAGE TOP
2020年9月第1週の言葉のサプリ

Vivace ConsultingのWebsiteにある言葉のサプリのバックナンバーです。

9月第1週(8月30日〜9月5日)の言葉のサプリ(ナンバー4041〜4047)

 

#4041

 敗戦の因って来る所は個より一にして止まりませぬ、前線も銃後も、軍も官も民も総て、国民悉く静かに反省する所がなければなりませぬ。

            −東久邇宮稔彦王−

 

#4042

 私たち人間には、愛や思いやりを称えられる能力があります。このささやかな能力こそ、人間の最も大切な天分だと私は思うのです。

            −ダライ・ラマ14世−

 

#4043

 明治維新当時の先輩政治家たちは、国歩艱難裡に国政に当り、よく興国の大業を成し遂げたのであるが、その苦心経営の跡は、今日よりこれを顧みるに歴々たるものがある。

            −吉田茂−

 

#4044

 ヨーロッパ人の問題解決方法は長い間、力であった。力の勝るものが戦いに勝ち、全てを得るというシステムが西欧社会の根底をなしてきたことは疑いがない。産業革命以降の社会も、強者に論理がまかり通る社会システムであった。

            −マハティール−

 

#4045

 領土は何年たってもなくなることはないが、人の命には限りがある。救える時には、一日も早く救ってやらなければならない。しかも、国連に加盟できれば、その土俵の中で当然、択捉、国後についても話し合いのできる機会が生まれるに違いない。

            −鳩山一郎−

 

#4046

 私にとっての愛とは惜しみなく与えることです。人々の苦悩をやわらげ、彼らを幸せにすること。そのために持てる全てを与える。それは自己犠牲などではなく喜びなのです。

            −アウンサンスーチー−

 

#4047

 私がやる政策は社会党とは違います。池田は、3つの卵を4人で分けるようなことはしない。3つの卵は6つに増やす、6つの卵を3人で分けたら3つ余る。余った3つを貯金する。これが経済であります。

            −池田勇人−

| 言葉のサプリ | 08:08 | comments(0) | - | pookmark |↑PAGE TOP
2020年8月第4週の言葉のサプリ

Vivace ConsultingのWebsiteにある言葉のサプリのバックナンバーです。

8月第4週(8月23日〜8月29日)の言葉のサプリ(ナンバー4034〜4040)

 

#4034

 大胆に前進しよう。勝利は必ずわれわれのものだ。

            −ホー・チ・ミン−

 

#4035

 僕は支那事変以来多くの政治上過誤を犯した。深く責任を感じているが、所謂戦争犯罪人として米国の法廷で裁判を受けることは耐え難いことである。

            −近衛文麿−

 

#4036

 日本は非西欧的な価値観をもって世界経済のトップまで上り詰めた国である。自分の価値観を強要することなく、多元的な価値観や文化を受け入れながら成功していった唯一の国家であった。

            −マハティール−

 

#4037

 人間と言うものは、いついかなる場合でも、自分の巡り合った境遇を最も意義たらしめることが大切だ。

            −米内光政−

 

#4038

 我々の全てが死ぬことはありえない、我々は余りにも数が多いからだ。我々は人類そのものだからだ。

            −ネストル・マフノ−

 

#4039

 死ぬということは、最も容易な方法で、なんでもないことだ。

            −鈴木貫太郎−

 

#4040

 あの戦争は我々の戦争であり、我々がやらなければならなかった。それなのに全て日本に背負わせ、日本を滅亡寸前まで追い込んでしまった。申し訳ない。

            −ブン・トモ−

| 言葉のサプリ | 08:08 | comments(0) | - | pookmark |↑PAGE TOP
2020年8月第3週の言葉のサプリ

Vivace ConsultingのWebsiteにある言葉のサプリのバックナンバーです。

8月第3週(8月16日〜8月22日)の言葉のサプリ(ナンバー4027〜4033)

 

#4027

 成すは成さざるに優る。

            —加藤高明—

 

#4028

 武力がものをいえば法律は沈黙す。

            —マルクス・トゥルリウス・キケロ—

 

#4029

 人生、ぬらりと生きてひょんと死ぬ。そんなものじゃあないのかね。

            —清浦奎吾—

 

#4030

 最大の背信は、忘恩である。

            —シモン・ボリバル—

 

#4031

 他人に依頼し、その助力を仰ぐのは、自己の死滅であると、私は信じている。

            —高橋是清—

 

#4032

 世界中の人々は、自分たちの十分な可能性を実現させることができるための自由と安全を必要としているのです。

            −アウンサンスーチー−

 

#4033

 自然に生きて、自然に死ぬ。

           −広田弘毅−

| 言葉のサプリ | 08:08 | comments(0) | - | pookmark |↑PAGE TOP
2020年8月第2週の言葉のサプリ

Vivace ConsultingのWebsiteにある言葉のサプリのバックナンバーです。

8月第2週(8月9日〜8月15日)の言葉のサプリ(ナンバー4020〜4026)

 

#4020

 最も深い川は静かに流れる。

            —大カトー—

 

#4021

 今日の学問は全て皆、実学である。昔の学問は十中八九までは虚学である。

            —伊藤博文—

 

#4022

 幸福は、その人が真の仕事をするところに存す。

            —マルクス・アントニヌス—

 

#4023

 最愚者の為す所が最賢者の頭脳を支配することもある。世に無価値な人間があるべき理はない。

            —大隈重信—

 

#4024

 勇気あるところに、希望あり。

            —コルネリウス・タキトゥス—

 

#4025

 議会での発言は国民への約束だ。

            —浜口雄幸—

 

#4026

 この世で最も美しいのは、罪を犯したものがそれを悔いること。

            —ソロモン王—

| 言葉のサプリ | 08:08 | comments(0) | - | pookmark |↑PAGE TOP
2020年8月第1週の言葉のサプリ

Vivace ConsultingのWebsiteにある言葉のサプリのバックナンバーです。

8月第1週(8月2日〜8月8日)の言葉のサプリ(ナンバー4013〜4019)

 

#4013

 勝負を決するのには、3時間もあれば十分だ、どうか3時間だけ僕の胃の痛みをとめてくれる薬はあるまいか。

            —加藤友三郎—

 

#4014

 トラクターは戦車より役に立つ。

            —オスカル・アリアス・サンチェス—

 

#4015

 今の暴れ者をもう一度呼んで来い、話して聞かせてやる。

            —犬養毅—

 

#4016

 高い理想と目的の高潔さに動かされたある国がアジアの独立と民衆の解放に生命と財産の全てを犠牲にした。その国の名は日本という極東の島国だ。

            —ウー・ヌ—

 

#4017

 総理大臣になると、見えなくなるものが三つある。一つはお金、もう一つは人間、最後は国民だ。

            —岡田啓介—

 

#4018

 願望の追及に要する時間を減らすな。時間の浪費は精神が忌み嫌うものだから。

            —プタハヘテプ—

 

#4019

 もし自分の尽力によって、なんとか纏まりがつくならば、自分の生命と名誉の如きは、何とも思わない。

            —若槻礼次郎—

| 言葉のサプリ | 08:08 | comments(0) | - | pookmark |↑PAGE TOP
2020年7月第5週の言葉のサプリ

Vivace ConsultingのWebsiteにある言葉のサプリのバックナンバーです。

7月第5週(7月26日〜8月1日)の言葉のサプリ(ナンバー4006〜4012)

 

#4006

 私は最も正しい戦争よりも、最も不公平な平和を選ぶ。

            —マルクス・トゥルリウス・キケロ—

 

#4007

 国家に貢献せんと欲すれば、ますます党勢を拡張せざるを得ず、ますます党員の結束を強固にせざるを得ず。

            —原敬—

 

#4008

 私は、自分を除くすべての人間の失敗を寛大に許すことができる。

            —大カトー—

 

#4009

 政治は国民道徳の最高水準たるべし。

            —浜口雄幸—

 

#4010

 悪しき平和は戦争よりも悪い。

            —コルネリウス・タキトゥス—

 

#4011

 人間がこの世に生を受けた以上、自分のことは自分で処分し、始末すべきである。

            —高橋是清—

 

#4012

 我々の人生とは、我々の思考が作りあげるものに他ならない。

            —マルクス・アントニヌス—

| 言葉のサプリ | 08:08 | comments(0) | - | pookmark |↑PAGE TOP
2020年7月第4週の言葉のサプリ

Vivace ConsultingのWebsiteにある言葉のサプリのバックナンバーです。

7月第4週(7月19日〜7月25日)の言葉のサプリ(ナンバー3999〜4005)

 

#3999

 いくら激している者にも常識はあるんだからね。そこを相手にする。狂人だったら別だ。ただ逃げろ。これが私の兵法だ。

            —岡田啓介—

 

#4000

 金で信用を作ろうと思うな、信用で金を作ろうと考えよ。

            —テミストクレス—

 

#4001

 軍隊教育は単に指揮刀を振りまわして訓練するだけではダメである。また殴る蹴るの教育は百害あって一利なきものであるから、爾今一切そのようなことはまかりならぬ。

            —田中義一—

 

#4002

 われは至福の座に至るまで王のため正義を行ないたるが故に、先祖たちにもまさる寵愛をえて、王の与え給いし百十年の生命を達成せり。

            —プタハヘテプ—

 

#4003

 今にして相当の改正をしなければ、あるいは民論を駆って、奔流の赴くところ改正を必要以上にいたらしめるかもしれぬ。

            —加藤高明—

 

#4004

 エネルギーのない所に功績は光らない。強さのない所に徳はなく、勇気のない所に栄光はない。

            —シモン・ボリバル—

 

#4005

 議会の喧嘩のようにその場を云いくるめるのではだめだ。真に人を心服させるようになりたいものだ。

            —大隈重信—

| 言葉のサプリ | 08:08 | comments(0) | - | pookmark |↑PAGE TOP
2020年7月第3週の言葉のサプリ

Vivace ConsultingのWebsiteにある言葉のサプリのバックナンバーです。

7月第3週(7月12日〜7月18日)の言葉のサプリ(ナンバー3992〜3998)

 

#3992

 私は、無駄な骨折りをしてきた。イエス・キリスト、ドン・キホーテと私、三人は歴史において最大のたわけものであろう。

            —シモン・ボリバル—

 

#3993

 政党には、党勢拡張、政権獲得などという一種の病気がつきまとう。そのために、種々の不正手段に出たり、敵に向かって進む勇気を失ったりすることがある。これを監視し激励するのが言論に従事する人々の責任でなければならぬ。

            —犬養毅—

 

#3994

 目的なしに行動するな。処世の立派な素晴らしき原則が命ずるよりほかの行為をするな。

            —マルクス・アントニヌス—

 

#3995

 衣食住は政治の大きな仕事だが、人間はパンのみで生きるのではない。人間の生活は精神面が併存していることを認識しないと真正な政治はできない。

            —浜口雄幸—

 

#3996

 礼儀正しい、決して腹を立てない人物は、まさに大人物と呼ぶにふさわしい。

            —マルクス・トゥルリウス・キケロ—

 

#3997

 3時時間だけ生きていればよろしい。万一、この戦いに勝てば、僕が死んだところで海軍には加藤くらいの参謀ならいくらでもいるよ。

            —加藤友三郎—

 

#3998

 後世は、各人に対して、その人相応の敬意を払ってくれる。

            —コルネリウス・タキトゥス—

| 言葉のサプリ | 08:08 | comments(0) | - | pookmark |↑PAGE TOP