Vivace con Brio

ドラッカーのマネジメントを学ぶVivaceのBlog
CALENDAR
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
Followme
vivace2001をフォローしましょう
analyze
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
無料ブログ作成サービス JUGEM
2020年10月第4週の言葉のサプリ

Vivace ConsultingのWebsiteにある言葉のサプリのバックナンバーです。

10月第4週(10月18日〜10月24日)の言葉のサプリ(ナンバー4089〜4095)

 

#4089

 人生のゆきがかりが、私を秋田犬のごとくたたかわしめる。

            −芦田均−

 

#4090

 競争相手の全てを知りたければゴミ箱の中を調べればいい。知りたいものは全部転がっている。私は深夜2時にゴミを漁って、前日に肉を何箱、パンをどれだけ消費したのかを調べたことは一度や二度ではない。

            −レイ・クロック−

 

#4091

 戦争に負けて外交に勝った例はある。

            −吉田茂−

 

#4092

 優れたアイデアを全て自分で着想することなど誰にもできない。大切なのは、学習するスピードであり、優れたアイデアを実行する能力である。

            −マイケル・デル−

 

#4093

 洋の東西を問わず、歴史の風雪に耐えて、然も依然強い光彩と生命力を放つ少数の書籍を、自分の実生活の伴侶として、よく読み、よく消化し、よく実践するという生き方をとらない限り、我々の精神の渇きは癒やすべくもない。

            −大平正芳−

 

#4094

 いくつになったって、自分の人生をより価値あるものにするための努力をするべきだ。何の問題も起こらない人生が、素晴らしい人生なわけがないのだから。

            −カーネル・サンダース−

 

#4095

 既成政党は、与野党ともに内外情勢の激変に対処する意志と能力を失ったまま、集権的官僚システムに寄与してひたすら利権を求め、政治改革のかけ声を繰り返しているのに過ぎない。

            −細川護熙−

| 言葉のサプリ | 08:08 | comments(0) | - | pookmark |↑PAGE TOP
2020年10月第3週の言葉のサプリ

Vivace ConsultingのWebsiteにある言葉のサプリのバックナンバーです。

10月第3週(10月11日〜10月17日)の言葉のサプリ(ナンバー4082〜4088)

 

#4082

 独立のためなら悪魔とも手を握る。

            −チャンドラ・ボース−

 

#4083

 満州の産業開発は、私の描いた作品である。この作品に対して私は限りない愛着を覚える。

            −岸信介−

 

#4084

 勇敢であれ。全ては後からついてくる。

            −ジャワハルラール・ネルー−

 

#4085

 アメリカは封建的遺風の打倒を叫ぶが、私はその封建的遺物の皇族だ。もし、元帥が不適当とみるなら、私は明日にも首相を辞める。

            −東久邇宮稔彦王−

 

#4086

 すべての人の目からあらゆる涙を拭い去ることが私の願いである。

            −マハトマ・ガンジー−

 

#4087

 沖縄の返還なくして戦争は終わらない。

            −佐藤栄作−

 

#4088

 人間にとって最も重要な資本は金ではない。人間こそが、最大の資本なのである。

            −フィデル・カストロ−

| 言葉のサプリ | 08:08 | comments(0) | - | pookmark |↑PAGE TOP
2020年10月第2週の言葉のサプリ

Vivace ConsultingのWebsiteにある言葉のサプリのバックナンバーです。

10月第2週(10月4日〜10月10日)の言葉のサプリ(ナンバー4075〜4081)

 

#4075

 大志を抱けば、天下何ものか恐るるに足らず。

            −吉田茂−

 

#4076

 アジアには日本がいた。アラブには日本がいない。

            −ガマール・アブドゥル=ナセル−

 

#4077

 政治家にはいろいろなタイプがいるが、最もつまらぬタイプは、自分の考えを持たない政治家だ。

            −石橋湛山−

 

#4078

 人は行動中に憩い、安息中に活発たることを学ばなければならない。

            −インディラ・ガンジー−

 

#4079

 金のない貧乏人は、米を食わずに麦を食べればよい。

            −池田勇人−

 

#4080

 沈黙は時として最高の解答だということを忘れないように。

            −ダライ・ラマ14世−

 

#4081

 国民諸君に対し、民主主義平和国家、文化国家の国民としての精神革命を要望する。

            −片山哲−

| 言葉のサプリ | 08:08 | comments(0) | - | pookmark |↑PAGE TOP
2020年9月第5週、10月第1週の言葉のサプリ

Vivace ConsultingのWebsiteにある言葉のサプリのバックナンバーです。

9月第5週、10月第1週(9月27日〜10月3日)の言葉のサプリ(ナンバー4069〜4074)

 

#4069

 国の為になるなら電信柱にすら頭を下げるつもりで総栽になったのだ。

            −池田勇人−

 

#4070

 日本の戦争責任を問うならば、それより以前、非人間的な支配と収奪をつづけた欧米の宗主国の責任はどうなるのか。日本が来たことで植民地支配から解放され近代化がもたらされた。

            −マハティール−

 

#4071

 核兵器を作らず、持たず、持ち込まず。

            −佐藤栄作−

 

#4072

 我々が命をかけて闘ってきたのは、膚の色による差別である。

            −ジュリウス・ニエレレ−

 

#4073

 国際問題に素養も理解もなき民間の喝采を博せんとする外交ほど国家の前途に取って重大なる憂患はない。

            −幣原喜重郎−

 

#4074

 孔雀は踊るべき時には踊ります。闘うべき時には闘います。常に踊っているわけではありません。

            −アウンサンスーチー−

| 言葉のサプリ | 08:08 | comments(0) | - | pookmark |↑PAGE TOP
2020年9月第4週の言葉のサプリ

Vivace ConsultingのWebsiteにある言葉のサプリのバックナンバーです。

9月第4週(9月20日〜9月26日)の言葉のサプリ(ナンバー4062〜4068)

 

#4062

 視野を広げ同胞意識を持って全世界を受け入れ、他人の困難を感じ取ることの出来る大きな心をもってほしい。

            −アウンサンスーチー−

 

#4063

 私は青い鳥を探したが、やはり手近にあった。すなわち我々国民が国情と歴史とにより創造する新しい社会民主主義である。

            −片山哲−

 

#4064

 日本ぐらい、きちんと約束を守ってくれる国はない。技術移転や投資など、これからも日本には大いに期待している。

            −ジャカヤ・キクウェテ−

 

#4065

 恐れているのは米ソ戦争だ。米ソ戦を防ぐには中ソとの関係を断交状態に置くことは逆効果で、相互の貿易、交通を盛んにすればおのずから平和への道が開ける。

            −鳩山一郎−

 

#4066

 戦いにおいては、一人が千人に打ち勝つこともある。しかし自己に打ち勝つ者こそ、最も偉大な勝利者である。

            −ジャワハルラール・ネルー−

 

#4067

 勇気を出せ、断じて行う決心をすれば、予想以上に力も出る。

            −芦田均−

 

#4068

 最高の道徳とは他人への奉仕 人類への愛のために働くことである。

            −マハトマ・ガンジー−

| 言葉のサプリ | 08:08 | comments(0) | - | pookmark |↑PAGE TOP